ページタイトル

BMW ミニクーパー 失火 スパークプラグ 交換

こんばんわ!

 

今日は、R56のスパークプラグ交換を紹介します。

 

 

2速4000回転から吹けなくなり、エンジンチェックランプが点灯してしまう症状です。

 

4000回転以下はチェックランプも点灯せずに普通に走行出来ました。

 

テスター診断機で調べると、No4シリンダーのフューエルカットオフのエラーコードが入力されていました。

 

 

 

イグニッションコイルがダメなのかと思い、3番と4番のコイルを入れ替えたのですがテスター上は4番のままでした。

 

次はスパークプラグの3番と4番を入れ替えてみると3番にフューエルカットオフのエラーコードが入りました。

 

スパークプラグがダメだったんですね~

 

 

スパークプラグを4本新品に交換して試乗してみると、吹け上がりも良く、エンジンチェックランプの点灯もありませんでした。

 

※修理見積りをお問い合わせの際は、車検証をお手元にご用意の上ご連絡ください。

 

工賃表はこちら

株式会社 next
next import(ネクスト インポート)

〒344-0042 埼玉県春日部市増戸832-1
TEL 048-760-0500048-760-0500 FAX 048-760-0501


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です